【感動】聴覚障害の赤ちゃんが初めて両親の声を聴いた奇跡の瞬間

生まれつき重度の聴覚障害を持つ赤ちゃんラクランくんが生後7週間で補聴器を付け、生まれて初めて両親の声を聴いた瞬間の映像です。その感動的で喜びがあふれる瞬間の映像が世界中で話題を呼んでいます。

<動画はこちら>

補聴器を取り付けられ嫌がって泣いてしまうラクランくん

fd001481

両親の声が聞こえた瞬間、笑顔を見せるラクランくん

fd001483

初めての聞く音に不思議な感じを覚える表情

fd001484

この笑顔に思わず見ている方も涙が…

fd001487

生まれたばかりのラクランくん

fd001481a

ラクランくんは生まれて4週間で中度の難聴だと診断されその後7週で補聴器をつけることに。新生児聴力検査をすることなく難聴であること見極めるのは難しいらしく判断が遅れることもあるらしいです。

ラクランくんの今

fd001481b

現在2歳のラクランくんの誕生日では、家族みんなで記念撮影。今ではラクランくんの好きなことは“歌うこと”だそうです。元気な姿を見せてくれて家族の愛に囲まれていますね。

関連記事