山崎美弥子氏の絵画作品を集めたPOP-UPを開催します

d11430-184-146073-0

CPCMは、2017年9月9日(土)にCIAO PANIC COUNTRY MALL(チャオパニック・カントリーモール)としてリニューアルオープンいたします。それに際し、代官山SISON GALLERyで開催する、画家 山崎美弥子氏の個展 “my thousand years 〜海と空の絵〜” と連動し、サテライトPOP-UPを、9月9日から9月24日まで開催します。

山崎美弥子氏は、1969年東京に生まれ、多摩美術大学絵画科を卒業。東京を拠点に、生花を床に敷きつめるインスタレーション「Splendor」などの他、 平面、映像作品を国内外のギャラリーや美術館で発表しました。2003年に東京オペラシティアートギャラリーで発表した、巨大な青いケーキを観客と主に創るプロジェクト「海と空の結婚式」の当日は、台風の悪天候にも関わらず、その夏の同美術館の最多入場者数を記録しました。

その後一転し、2004年より太平洋で船上生活を始めています。現在はハワイのモロカイ島という人口7000人の小さな島で、心理学者の夫とふたりの娘、そして二頭の馬と暮らしながら、主に絵画作品を制作しています。「海と空の絵」や「花の絵」を中心に描いています。ハワイ・モロカイ島在住。主な著書、「モロカイ島の贈り物」(産業編集出版2006年刊)があります。

9月2日より開催する、代官山〈SISON GALLERy〉での個展と同時開催となります。通常は展示や購入が難しい山崎氏の絵画をぜひこの機会にお求めください。

山崎美弥子
1969年、東京都出身、多摩川美術大学絵画科卒業

主な展覧会

1999年「Love Speaks」 P-HOUSE /「Love‘n pieces」オンサンデーズ・ワタリウム美術館/2001年「海と空の結婚式」HIROMI YOSHII/2003年「GIRL!GIRL!GIRL!」東京オペラシティアートギャラリー/2004年「Cafe In Mito 2004」水戸芸術館 他

●絵画作品について

山崎美弥子の絵画作品の中から、今回2つのシリーズを展示販売いたします。すべての作品は「千年後の未来」の風景となっており、作家は、作為の無い本物のこどものような表現にこだわり、千年後の未来から遡った過去としての「現在」の時点において、作品を制作しています。

シリーズ1)海と空の作品
四角い画面に切り取られた、海と空の境界線が横たわる風景。カンバスの四角はわたしたちを閉じ込めるすべてのものから解き放された世界への窓。無条件であること。/境界線の無い世界を確かめるための境界線。

シリーズ2)花の作品
わたしたち自身を含めたすべてのかたちある存在の象徴としての花。または花のある風景。すべてのかたちに宿るエッセンス、エネルギーの躍動と喜び。深いやさしさの伴う奔放さ。

●素材について

コットンまたはリネンのカンバス/アクリル絵の具

● SISON GALLERy開催の、”山崎美弥子展 my thousand years 〜海と空の絵〜” について

東京・代官山のSISON GALLERy では、2017年9月2日(土)より、”山崎美弥子展 my thousand years 〜海と空の絵〜” 開催します。今回の個展は、山崎氏が2004年にモロカイ島に移住後、国内では約15年ぶりの開催となります。

【名称】 山崎美弥子展 My one thousand years 〜海と空の絵〜
【期間】 2017年9月2日(土) – 9月24日(日) ※月曜休
【営業時間】 11:00 – 20:00
【場所】 SISON GALLERy http://sison.tokyo
〒150-0033東京都渋谷区猿楽町3-18 TEL 03-6886-8048

関連記事