【あたしの髪をあげる!】病気で髪を失った子どもに、自分の髪を寄付した3歳の女の子

0541333_A18jEfl

▼薬の副作用で髪の毛を失ってしまった少女に3歳の少女が自分の髪の毛を分け与えた話に世界中からコメントが届いています

1人の少女が偶然目にしたビデオを見て起こした行動に、世界中から感動のコメントが集まっています。
それは、ある3歳の少女が、薬の副作用で髪の抜け落ちた少女に自分の髪の毛を寄付したというニュースでした。

-私の名前はアリアナ。3歳。今日は初めて髪の毛を切る日です。そして、他の女の子が髪の毛を手に入れる日です。-

▼偶然目にした髪のない少女の姿を見たアリアナちゃん、「あたしの髪の毛あげる!」

アメリカ・メイン州のウィンターポートに住むジョン・スミスさんとその妻クリスタルさん、そしてその娘のアリアナちゃん
ある日、ジョンさんはExtra Lifeというチャリティーイベントに参加していました。
(Extra Lifeとは、ゲームをプレイして闘病生活をしている子どもたちに募金をしようというゲームチャリティイベントです。)
イベント参加中に、ふと娘が父のヒザに座り言いました。

「なんであの子は髪の毛がないの?」

その時、イベント画面に映し出されていたのはチューブを付けてベッドに横たわる髪の毛を失った幼い少女の姿でした
興味深そうに画面を見つめる彼女に、両親は説明をします。

「あの子は病気でね、お薬を飲んでるんだ。そのお薬のせいで髪の毛がなくなっちゃったんだよ。」

それを聞いたアリアナちゃんは、間髪入れずに答えました。

「じゃあ、あたしの髪の毛あげる!」

0541407_ByVWPY0
出典:imgur.com

▼今まで大事に伸ばしてきた髪の毛。しかし、アリアナちゃんは髪を失った子どもたちのために、人生初のヘアカットをします。

アリアナちゃんは今まで髪を切ったことがなく、大事に伸ばしていたため両親は少し迷いました。
しかし、アリアナちゃんの意向に沿い、ジョンさんとクリスタルさんは娘の髪の毛を寄付できるところを探します。
そこで選んだのが、アメリカやカナダを拠点として活動する非営利団体「Locks of Love」でした。
この団体は、闘病生活を送っている21歳以下の子どもたちのために募金を集めたり、薬の副作用で髪の毛を失った子どもに髪を寄付したりという活動を行っていました。

そして一週間後、アリアナちゃんは人生初のヘアカットをします。切った長さは10インチ(約25cm)でした。

0541457_pyJQCal
出典:imgur.com

▼この画像を共有サイトに投稿した結果、2日間で閲覧数が645,000を突破。また感動のコメントが集まっています。

この様子をカメラにおさめていたジョンさんは、画像投稿サイト「imgur」のページに写真を投稿。
すると、世界中から閲覧者が集まり2日間で645,000もの閲覧数となり、また世界中からコメントが集まっています。

・ひどい日々が続くアメリカだけど、彼女は僕に素晴らしい希望を与えてくれたよ。
・なんて大きな心をもった少女なの!新しい髪型も似合っているわよ。
・このお話に心が温まったわ!素敵!
・どこで私の髪の毛を寄付できるのかしら?
・彼女は本物の親切な心を持っている。大人も見習うべきだ。
・子どもはもっとわがままでいいはずなのに、彼女は違うんだね。
・まだ3歳の彼女が、自分の意志で寄付しようなんて本当に素晴らしい。
・私の娘は、髪の毛の寄付を受けたことがあるわ。アリアナちゃんのような子が寄付してくれていたのだと思うと、嬉しくて涙が出るわ。

そんなアリアナちゃん、この髪型を気に入っているようで
「朝食を食べるときに髪の毛が入る心配がないから、大好き!」と語っているそうです。

取材の中で、ジョンさんは彼女に聞きます。

「また、髪の毛を寄付したい?」

すると、アリアナちゃんは間髪入れずに答えました。

「イエス!」

0550240_ariana
出典:abcnews.go.com

大事なことを気づかせてくれたアリアナちゃんに心から敬意を表します。

関連記事